toggle
2016-09-10

「よそのチラシ」から読み解くコミュニケーションの派生ついて。

美味しいのにあまりに
流行ってないから可哀想になって
みんなに行ってくれと頼んでいる
アジアン料理屋さん。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-15-50-19

勝手にアジアン料理屋さんDeepの
チラシにつっこみを入れてみます。
(facebookでは価格帯おかしいって事にも笑)

 

はい、これ見て下さい。
机にわざわざ置かれてるあたり
かなり推しの料理と思われます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

dsc_1193

矢印のところ見て下さい。

★ノンベジ
★ベジ

とあるわけなんですね。

値段も違う。
なぜベジは安いんだ!っていう。

 

はてさて、
何だろう。

 

この疑問をですね
人によっては「ストレス」
感じるんです。
ちなみに私は
イラっとするタイプ。(器が小さい笑)

いや、書いとけよ。
ってひと。

常々チラシ制作では
お客様のストレスを
減らすのが大事だよー
お伝えしてるのですが
それは目の前に聞く人が居ない場合ね。

ストレスに感じつつ
お店の人にも疑問点を
聞かないのが最悪ケース。
このメニューの詳細を
書かないってことで

ん??

と思わせて
「これってどういう違いなんですか?」
とお客様に聞いてもらって

この料理ってこんな風に作ってて
こんなに凝っていて工夫していて…

と店側が説明し
それを購入に繫げる
コミュニケーションの
絶好の機会とするか

それはお店側がどういう
着地を想像するかで
チラシって変わってくる訳です。

 

詳細を聞きたがるってことは
少なからず興味を持っている
という証でもあるので(それか暇か)
そこを店側が効率よくもぅ一押しすれば、
という見方も出来ます。
コミュニケーションで
購入を左右されるような
「やりとり好き」なお客様も
いらっしゃいますしね。

そして聞いといて深層心理では
「あと一押しお願い」って人も
おられます。

 

ここは店主のキャラにも
よりますかね。

 

ま、早い話が

———————
メニューの詳細を書く>>>
メリット
●お客様はチラシを見て納得、完結
●お店側は何度も同じ事を
聞かれる機会を排除

デメリット
●店側が説明の機会を逸する

———————
メニューの詳細を省く>>>
メリット
●疑問に思ってお店の人に
聞く→お客様に説明するという
コミュニケーションが生まれる
→故に、購入へ誘いやすい

デメリット
●分からないままスルーされる

———————-

どっちをとるかってことです。
まぁお好きな方を。

 

詳細を書いて、
なおかつコミュニケーションを
取れるようにする方法も
もちろんありますけどもね。
聞きたいなら講座にきてね。エヘ♡

 

そんなこんなで
よそのチラシにみる
コミュニケーションの派生の考察でした。

 

制作者目線で色々お店を
巡るとたくさん勉強になりますヨ。
お試しあれ♡

——-
販促物の作り方について
聞きたい方はこちらへ♡
>>9/24(土)
チラシの基本のき講座in東京出張
kihonnoki
\モーニングも充実/
アジアン料理  Deep
愛知県 稲沢市 井堀江西町 19-3
dsc_1187
↓  画像クリックで食べログへ  ↓
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-16-14-05

関連記事