toggle
2017-02-13

私は私でしかないので、それを支持してもらうより他ない。

丁寧に
伝えていかないとなぁと
そう思う今日この頃です。

嫌いなものは
チョコレート。
旦那氏に
「本命チョコをください!」
と今朝頼まれた
グラフィックデザイナー
岩田真悠子(いわたま)です。

唐突だけれど
みなさんは
グラフィックデザイナーに
どんなイメージを持っているだろうか。

いや、そもそも
正確に何が出来る人なのかも
分からないかもしれない。
うーん。線引きが難しい。

私の両親も
未だに私が何をしている人なのか
分かっていない。
「ニヤニヤしながら
フラフラ遊んでばかりいる娘」
の認識であります。
(悔しいが間違ってもいない)

世の中には
本当に優れたデザイナーもいれば
駆け出しのデザイナーもいる。
金額だけ高い酷いのもいる(ようだ)

名乗れば誰でも
そうなれるから。


※草間弥生氏HP画像

私は
草間弥生氏にはなれないし
横尾忠則氏にもなれない。

私がそういうレベルだったら
皆さんは私に頼むのを
相当、怯むと思う。笑

私は私で在るところの意味が
やっぱりあって。
そこは間違えないようにしなくちゃ。

身近で
親しみやすいから
色々相談出来て
お互い思っている事を
言い合えて
一緒に何かを作れたりする。

そういう関係が
とっても健全だし、
嬉しい。

「いわたまちゃん
こういうのない?
(作れない?)」

と気軽に聞かれれば


※HEROより

「あるよ(できるよ)。」

と即答する。

なくても
出来るようにする。

社会人時代は
毎日毎日どんどん積まれる仕事の山を
こなすのに必死で
(こなしてもこなしても積み上がるし)

あまり自分の仕事を
誰かに伝えて
「こういう想いで
作っているんですよ私」
だなんて見せる余裕はなかった。

摩耗していたし
心底疲れていた。

今は
知らないひとにも
分かるように丁寧に伝えたいなと
思ったりしています。

満たされているからかな。

誰かが困っていたら
こういう手もあるよ!とか
こんな見せ方もあるよ!とか
そんな風に
視点を変えるきっかけが
与えられたら嬉しい。

「いわたまちゃんの投稿に
刺激をもらってます。
良いアイデアが浮かびました!」

そんな風に
言ってもらえたり
することもあったりして。

これからも
誰かのイメージを
ふわん♡とくすぐって、
くるり◯とかき混ぜられるような
そんなブログが
書けるといいなと思います。

丁寧に、
少しでも多く
楽しさが
伝わるように。

関連記事