toggle
2017-04-14

過去×現在進行形=100人100色

自分が作った物が
両者を繋ぐモノとなる。

石田ゆり子さんが可愛過ぎてたまらない。

どうも
グラフィックデザイナー
岩田真悠子(いわたま)です。

facebookでは
もしかしかたらデザイナー色が
強く出ているかもれませんが

私は
グラフィックデザイナー
であると同時に

NPO法人日本マタニティ整体協会認定
産前・産後ケアの
マタニティセラピスト

であったりします。
(小顔矯正もしてます)

ついこの間、
デザイナーの力技をフル活用して
産後整体のカリキュラムを作りました。

\こちらはセラピストブログ/
▶︎【全6回】産後整体カリキュラム公開!

各方面から

・売って欲しい
・分かりやすい
・見やすい
・商品を「売らなきゃ」
と思ってたけど

違うんだって気づけました

色々想像以上の反応があり、
とくに協会の
マタニティセラピストさんから
売って欲しいと言われ少し悩みました。

私のセラピストとしての
差別化でいえば
情報整理

伝える▶︎伝わる▶︎行動する
コミュニケーション創造力です。

自分のサロンだけで
これを使用する事も出来ました。

でも
やめた。

NPO法人日本マタニティ整体協会
山田理事長にプレゼンして
わざわざ理事会議にかけてもらい
(わたくし協会内でも結構な異端児)

日本中の認定店セラピスト全員が
この資料を手にする事が
出来るようになりました。

何はなくとも、
お客様ファースト。
どこをどれだけ走るか
納得出来れば安心して
身体のケアに取り組める。

お客様にも
セラピストにもwinwin!

ちなみにサロンにて
この産後カリキュラムをご提案したら
その場で次のご予約は
100%もらえています。
今のところ。

デザインとマタニティ整体と
どちらが本業か?
よく聞かれますが

セラピストにとって
デザイナーの私は集客面、
広告宣伝費面で超有利で

デザイナーとしての私にとっては
ひとつのお店のリアルな成長と
お客様の反応は
何より勉強になります。

両方ものすごく繋がってます。

世の中に
デザイナーは
吐いて捨てるほどいる。

セラピストも
同じく。

でもきっと
デザイナー
×
マタニティセラピスト

は上記に比べたらさほどいないのだ。

今起業されている方も
学校卒業して、
ド直球でそれをやられている方は少ないはず。
(この道一筋!な方もまれにいるけど)

紆余曲折の
全てを掛け合わせて
ブレンドすれば
世界にひとつだけの仕事になる。

自分だけが出来る。
自分にしか出来ない。
…そう想える力は強い。
※驕りはダメです

同じ人間がこの世に2人といない以上
同じ仕事もないよね。
そんな囁かな小さいガッツポーズから
進んで行こ。

まだまだ
旅の途中。
Have a nice night flight !

関連記事