toggle
2017-08-03

【二つ折り名刺】Sunny Circus 松田友希様

名刺の上限目一杯に
詰め込んだもの。


デザインを凝ると大体
印刷会社とガチャガチャッとなる。
※すんなり入稿不可能。笑

どうも、グラフィックデザイナー
岩田真悠子(いわたま)です。

「こちらでは責任を持てません!」
「大丈夫です!やってください!」
みたいなね。やりとりがね……


そんな印刷会社を悩ました
二つ折り名刺!…のようなもの笑

ようやく
日の目を見る事になりました。


ベビーサイン/
ペーパーアート
メモリーオイル/
起業ルーキーのステップアップ講座/
ハレノヒキャラバン主催/

多彩にも程が有る。
▶︎松田友希ちゃん
“名刺のようなもの” 


今までで

一番、作り的には
凝りました!!


※最初は箱を飛び出させてたんだけどね。
いやぁ何回紙を折って切ったか知れません…笑

ただ強く言いたいのは
これは“松田友希ちゃん”だから
ジャストフィットする名刺な訳で。

誰でも凝ってて
面白いからOKかっていうと
それはまた全然違うお話。

そして彼女が起業初期であれば
きっとこんな名刺にならなかった
ハズなので今、このタイミングで
私に投げてくれたのがきっと
ベストだったんだろうなと思います。

彼女の屋号
Sunny Circus (サニーサーカス)

“サニー”とは
晴れ間の覗いた、
晴れた日の、とか
そういう意味合いですね。


彼女のサーカスが出るとき

…空は不思議と晴れる。

※実際に彼女のイベント「ハレノヒキャラバン」は
不思議と晴れる事ばかり。

そういった屋号の雰囲気も
盛り込みました。

こんなに繊細には
印刷では出ないんですけど(面積小さいから)
出ないと分かってるけど
細かく描いちゃうよねー

※稲沢市盛り上げイベント
「ハレノヒキャラバン」企画/主催の彼女

彼女に
“企み屋”と名付けたのは私です。

その名の通り
色んな事を企んでは軽やかに
種をまいて咲かせて
巻き込まれる人をおひさま笑顔にしていく。

面白いひとには
面白い名刺がなくっちゃ。


彼女は
フワフワ、ぽわぽわしてる
綿毛感な可愛い人。

…ってだけじゃありません。
(バリバリの理系だし)
中身はサイボーグ並みにタフ。

こだわりもかなり人より細かい。
細かいって事はそれだけ自分の仕事を
(ビジュアル的にも)
見つめてるって証拠です。
彼女のリクエストは

フワフワ感だけじゃない
強さのようなものを

足してくれ!

ってお題でした。
彼女のサーカスは
「夢のような非日常。」
…ではない。

という所が強さだと思っていて。
ふと気づくと毎日の生活圏内に
現実的に出現してる。そんな感じ。

誰でも少しだけ足をのばせば
サーカスに参加出来る。
楽しい思い出が出来る。
そこが最高にいいと思う。

なので町並みを型抜きで作りました。
表と裏で色が違う
+
左右で町並みが違う

ので、二つ折りにした時に
一つの集合した街みたいになって
とってもユニークなんです♡

ま、実際
彼女は稲沢市を
背負ってると思う。笑

※イベントは
稲沢市後援 & 稲沢市教育委員会後援


※紙見本を持ってイベントに押し掛けました。
左/大岡あいちゃん 右/松田友希ちゃん 

【松田友希の校正隊】

▶︎足踏みリンパケア「マンマフェリーチェ」
後藤志保美さん

▶︎帰国子女「タッチ&カドル」
青木久恵さん

▶︎グラフィックデザイナー
大岡あいさん

色んな人を巻き込んでブラッシュアップ!
うちの夫(デザイナー)も彼女ご指名で
参加しました笑   いい仕事したわ。奴。

ってことは
3人ものデザイナー校正を
経てるぞこの名刺は。

この名刺は
平の状態で納品されるんですよ。
(切り込みだけ入ってる状態)

スジ入れ加工も何もされてない。

彼女が
1枚1枚折って
サーカスにするの!!

愛ありすぎでしょ。
一個一個違う具合の
サーカスになるに違いない♡

ぜひ彼女に会って直接その手から
もらってね。

【クライアント様ご感想】

彼女にお願いしたのは、
仲良しのいわたまちゃんだから!でも
近くにいるデザイナーといえばいわたまちゃんだから!
などでは断じてない。
こんな彼女だから、お願いしたのである。

▶︎‘松田友希’を伝える「名刺のようなもの」、作っていただきました!!!!


左/松田友希ちゃん 右/いわたま

我ら愛知県稲沢市民。
一緒に盛り上げてくれる仲間、
絶賛募集中ですぞ♡

 

関連記事