toggle
2018-04-21

フリーランス猫、始まる。

似たモノ同士
波長が合うとか?

 


チラ見の0.3
「脊髄反射」をデザイン

グラフィックデザイナー
岩田真悠子(いわたま)です。


 

ある日、
黒猫が玄関の前に
ちょこんと座っておりました。
 
 
逃げるでもなく、
どうもーと挨拶な感じで
とても人懐っこい猫で。
 
 
 

※どうぞどうぞ、なスタイル

どうしよう
飼わなきゃなのかなぁ
困ったぞーと。
 
 

うちには犬猫以上に
生意気で、手がかかって、
自分では責任が取れなく
一筋縄でいかない生き物が
2人もいる訳で、
何か他にほ乳類的な生き物を
飼う、飼えるだなんて選択肢
全然頭をかすりも
しませんでしたここ数年。

1人で
うーんと思いながら
水をあげたり
煮干しをあげたりしたんだけど
(あげるんかい)

 
「や、別にそーゆーんじゃないんですよねー」
 

といったかんじで
特に飲みもせず、
食べもせず。

 
よく見ると
別に痩せてもないし
色んなところを旅してる猫なのかな?と。

 
すり寄って来る所をみると
よそでもひどくはされていないのだな。

 
ガツガツ食べたり飲んだり
もっとくれ!!!!!と
態度で示せば悲壮感も出るのに
 

何だこの
余裕しゃくしゃくな子は。

 
夫いわくDIY中の
アトリエによくフラッと来るそうで


※マットレスつきました 
 

好きな時にソファで
寝ているようだ。 
 

アトリエのパーティーも
黒猫くんは一緒に参加したそう。

 
 
 
※完成したら遊びにきてね

と言う訳で
ノラ猫捨て猫=飼わねば
と力んだ私は拍子抜け。
 
 

彼はフリーランスが
性に合うようだ。
好きな時に好きな場所へ。
 

 

黒猫飼うの夢だったから
いいとこどりで嬉しい。

 
それにしても
窓はあれども “ガラス” がないから
どうにかしなきゃね。笑
※黒猫くんは2階の窓からフラッと出入りしているようだ

 

「猫くん、今日はいるかなぁ?」 
と毎日ソワソワ探す子供。

 

面白い日常に
なりそうです。
 

関連記事