paper

【ロゴマーク】NPO法人 祖父江のホタルを守る会

自生ホタルを研究して15年!



\topics/—————-
○国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)
による連携事業として認定

○愛知県知事より愛知県環境保全活動厚労表彰
—————-————–

私の住む街、愛知県 稲沢市 祖父江(そぶえ)町にある
NPO法人祖父江のホタルを守る会さんの
ロゴマークのリニューアルを
担当させていただきました。


SYN72(ショーネン72歳)

代表理事
山内 晴雄 (Haruo Yamauch) さんは
すんごい事に認定されても、
表彰されても
課題の多さに少し渋い顔。


※右から2番目が山内さん



いわたまちゃん、
ホタル だけ をただ
増やしたい訳じゃないんだよ。

ホタルを増やしたいなら
ホタルが食べる餌をどんどん
人工的にやって増やしていけば簡単だ。

でもそうじゃないんだ。

名前はホタルを守る会だけれど
ホタルが住めるような「環境」を
作りたいのだ。


ここ祖父江町では

わずかながらヘイケボタルが残っています。

ただ、そのホタルの生息場所を
人に教えることは出来ません。
(乱獲を防ぐため)
ホタルを守る会さんの案内がなければ
普通の人はなかなか見つけられません。

それほど減ってしまいました。

環境の変化について次の世代にも
伝えていく努力をされています。

その役割の一部を少しでも
このロゴマークが担えるように
考えました。


ホタルを擬人化することで
自分ごととして考えられるように。
友達のような先輩のような、
守るべき赤ちゃんのような

そういう役割です。

ロゴのこのホタルが

・キャラクター名を公募するかもしれない
・LINEスタンプになるかもれない
・博士として資料に説明係で登場するかもしれない
・絵本になるかもしれない
・マンガになるかもしれない
・アニメになるかもしれない
・着ぐるみになるかもしれない

…かもしれないを想像しては
ロゴが動くように
広がるように考えました。
▶︎NPO法人 祖父江のホタルを守る会
の活動をぜひ応援&ご参加ください

日本の未来について
考えるきっかけになりますように。


【 NPO法人 祖父江のホタルを守る会 】
http://www.sobuenohotaru.or.jp/

//////////////////////////////
◆CLIENT:NPO法人 祖父江のホタルを守る会
◆FIELD:環境保全
◆PLACE:愛知県稲沢市祖父江町
◆TYPE:ロゴマーク
//////////////////////////////

ABOUT ME
岩田真悠子 IWATAMA
岩田真悠子 IWATAMA
喫茶店とコーヒーをこよなく愛す、女性向けデザイン&イラストを得意とするデザイナー。/////【趣味】看板を写真におさめること【特技】フォークリフト運転 ///// 料理の失敗がいささか派手でして#料理の神に呪われし女シリーズがご好評いただいており次回作を待たれる日々です。